-

-
Since 2011, Photo:m.nishino

2017/07/18

おみやげ、お料理など

私、日頃からよく生徒さん達からいただきものをするのですが、今日は海外からの珍しいお土産を紹介します。これはフランスのお土産でいちじくのペースト↓。塩っけがあるのですが、パンに塗ると最高に美味しい。お気に入りです💕。毎朝、少しずつ大事に食べています。


これはお塩。左から、ヒマラヤ、シチリア、ハワイのお塩だそうです。

色が全然違いますねー。さて、お料理にどうやって使い分けるのかしら。まずは味見をしてみます。

その他には私が頭痛がしているといえば、体操の本をくださる方もいるし、ハンドクリームや、息子にお菓子をくださる方もいて、皆さんいつもありがとうございます!

余談ですが、私は夜21時台のEテレでやっているお料理番組を見るのが日課なんです。21:25分からやっている「おばあちゃんの料理教室」(私はこう呼んでいるけれど、正式番組名は『料理ビギナーズ』でした。)も大好き。あとはニュースを見て、だいたい寝てしまいます。プライベートの話題でした!朝は早起きですよ〜。










2017/07/14

ゆったりと・・

庭に植物を植えました。
昨年と同じ、バジルと日々草です🌸



早速バッタくんが住み始めましたが、まぁいいでしょう。
葉に穴が開く前に、こっちだってどんどん食べるつもり(^_-)



花の写真はややぼけちゃいましたね。
ニチニチ草も、夏の間に成長します。
シソはご近所の方から頂きました。


夕方は、散歩やジョギングに出かけます。


美味しい空気を吸い、景色を楽しみます。
夕焼けがきれい。空の色は毎日違いますね〜。

実は私、夏前のコンサートがひと段落してほっとしたんです。この冬から春にかけては本当に忙しかったから、毎日必死でした。楽器を弾いていくのは楽しいけれど、体調管理をして集中力を高めていかなくてはいけないので、それなりに大変です。(下手すると休みなし。。)スポーツ選手はこの何百倍も大変だと思いますが・・。

というわけで、やっと自分の時間が持てるようになり、ヨガやジョギングなどを始めました。今、体のメンテナンスに努めているところです。

元気でいられることは大切ですね。今年の夏はややゆっくり過ごしながら、充電したいと思います。もちろん、秋からフレッシュな気持ちで演奏するために。

そういえば、9月30日はチェンバロの発表会なんです。夏はチェンバロの生徒さんたちにがんばってもらいます!!






2017/07/10

温かな会

7月8日に自主企画のサロン・コンサートをしていました。1年3ヶ月ぶりとなりましたが、また再開することができました。(昨年はゴルトベルクという大きな目標があって、お休みしていました。)今回のゲストはVnの天野寿彦さん。

昼の部。

夕方の部。

バッハの「ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ」は、5年前に天野さんと一度共演したことがあるのですが、今回はその頃よりお互いの音がよく聴けるようになったので「成長したね〜」と二人で自画自賛(^ ^)。昔はただ弾くことだけで精一杯、という感じだったのですが、今回はだいぶ楽しめました。あとは、私の好きなF・クープランとラモーのチェンバロソロをいくつか弾き、それからVnソロではフォンタナ第2番と、コレッリのラフォリアを披露して頂きました。ラ・フォリアの通奏低音は私も20代のころから演奏しているので、ほぼ頭に入っています。何度演奏しても名曲!

私が企画するこのサロン・コンサートは、演奏の後にお茶など飲みながらお客様と歓談の場を設けます。今までお話したこともなかったファンの方にご挨拶できたり、音楽の話で盛り上がったりできるのであっという間に時間が過ぎていきます。遠方から来てくださる方、昔プール教室で一緒に泳いでいたお姉さま方(水着の付き合いですよ、笑)にもお会いできて嬉しかった。こういう温かな場が持てる私は幸せだなと思います。次回は12月ごろ、オルガニストの塚谷水無子さんがゲストです。お楽しみに!

お*ま*け話
帰りは自分で車を運転しつつ戻ったのですが、環八が工事中で閉鎖していて、大回りをするはめになり、板橋→和光→新座→田無→三鷹→調布方面へと帰って来ました。助手席には幼なじみのM田くんが乗り、喋ってくれたので眠くなりませんでした。帰宅は深夜の12時を過ぎていました〜〜。。私は安全運転でスピードを出さない性分なので時間がかかります。

2017/07/05

サロンコンサート

7月8日(土)のサロン・コンサート、昼の部は満席となりました。
夕方の部に若干お席が残っていますので、お時間ある方はぜひお越しください🎶


2017/06/12

サロン・コンサートのお知らせ

《第4回 水永牧子 サロン・コンサート》
ヴァイオリンとチェンバロによるコンサート 
       〜バロック名曲集〜 ゲスト:天野寿彦(ヴァイオリン奏者)

♪ 日時:7月8日(土) 昼の部 13:00(12:30開場) 
                夕方の部 16:30 (16:00開場) 
♪ 場所: ときわ台 古楽サロン 東武東上線「ときわ台駅より徒歩7分
                   *ご予約の方には地図を送ります。
♪ 料金:3,000円 お茶菓子付き *定員各回 20名
♪ 予約について:お名前、メールアドレス、人数、ご希望の公演を
明記の上(昼か夜)earlymusic.salon@gmail.comまでご連絡ください。


◼︎プログラム
       F・クープラン:3つのプレリュード、葦、
      G.B. フォンターナ:ソナタ第2番
      A.コレッリ:ラ・フォリア
       J.S. バッハ:ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのための
        ソナタ第6番 ト長調 BWV1019 ほか


久しぶりにサロンコンサートを企画してみました。
お時間ある方はぜひお越しください♪

2017/05/30

F.クープランの公演

爽やかな季節となり、花壇のラベンダーが咲き始めました。
もう5月も終わりですね。


更新がだいぶ遅れていますが(^_^;)、5月8日に F.クープラン『趣味の融合への道筋』というタイトルのコンサートに出演していました。曲目は「アストレ L'astree」「スタインケルクLa steinquerque 」「幻影 La visionnaire」「少女 La pucelle 少女」「愛の肖像  Ritratto dell'amore 」「威厳  La superbe 」「趣味の融合より Les Gouts-reunis 」「スルタン La sultanne 」という盛りだくさんプログラム。


出演者は天野寿彦さん、堀内由紀さん(ヴァイオリン)、平尾雅子さん、福澤宏さん(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、そして私(チェンバロ)というメンバー。大ベテランのガンバの先輩方と共演することになり、やや緊張していた私です。一回のコンサートで、クープランにこれだけ集中して取り組むことは初めてだったので、今回はフランス作品や舞曲について改めて考えるよい機会となりました。音の流れ方、終止音の在り方などはリハーサルをしていく過程で色々な刺激をいただき、ドイツ語でがっちり固まっている私の頭が少し柔らかくなったようです。作曲家の喋る言語と音楽は共通する点が多いですね。クープランは大好きな作曲家なので、また演奏したいし、益々精進できればと思ったコンサートでした。上の写真はリハーサルの日が由紀ちゃんのバースデーだったので、そのお祝いした様子。ちなみにコンサートは満員御礼とのことで、大入り袋までもらっちゃいました。


これは終演後の打ち上げ。肝心の演奏中の写真はないのですが。。
(撮影は天野さんです)


***

そして、昨日をもちまして横浜そごう美術館での『ルドゥーテ バラ図譜展  ミニ・コンサートシリーズ』を終えました。4月〜5月にかけて、6回横浜に通いました。


久保田チェンバロ工房の楽器です。響板に描かれた、ルドゥーテの薔薇のモティーフは工房の傑作品でもあります!機会がありましたらぜひご覧になってください。

美術館の市塚寛子さん。他のスタッフの方にもお世話になり、ありがとうございました。昨日は最終日だったので、チェンバロを聴きにいらしたお客様がなんと200人もいらしたとか。ルドゥーテは宮廷画家ですものね。宮廷芸術という意味で、チェンバロとは時代の共通性のある素晴らしい企画でした。




ところで、私は今頃衣替えをしています。忙しかったので、クローゼット整理もできていませんでした。すこし太って着られなくなったものは思い切ってポイッ!します(^ ^)。