-

-
Since 2011, Photo:m.nishino

2012/11/25

発表会

昨日は、門下生のチェンバロ発表会でした。私は弾かずに、調律担当。


何度も手直ししながら、念入りに音を合わせましたよ〜。音が狂ったら、せっかくの生徒さん達の演奏が台無しですものね。チェンバロの調律は、いつも湿度や温度との闘いです。調律師さんの気持ちがわかった一時でした。

毎回感じることですが、自分が弾かずに人の演奏を聴いていると、とても勉強になるんです。例えば、「体がうまく脱力できている人の音色はのびやかできれい」とか「響きの多いところでは、アーティキュレーションが多いほうが、音の粒がはっきり伝わってくる」とか「この曲は別のイメージで弾いてみたらどうなんだろう」とか。お客さんの立場にたって耳を凝らすと、演奏する側に求められているものが改めてわかるので、面白いです。(演奏する大変さは知っているので、つい同情もしちゃいますが…。)


アンサンブルでは、声楽やリコーダー、ヴァイオリンの方が賛助出演して下さって、賑やかな会となりました。出演のみなさん、お疲れさま!

               *  *  *

さて、今日からはまた自分の練習を開始しました。選曲作業もあるし、来月は出雲でコンサートもあるし、やることは山積み。私はやっぱりチェンバロが大好きだから、この楽器を好きな人たちと一緒にいると、幸せです。来年は、私も弾きます♪





2012/11/12

ヒヤヒヤ

うちの息子は7ヶ月になり、つかまり立ちを始めています。
最近、遂に音の出る面白いモノを発見してしまいました。
指を思いっきり広げて音を出そうとしています。
私はヒヤヒヤ。。

チェンバロだけはやめてー!

そろそろガードを買いに行かなくてはね。


さ、今日は午後からレッスンに行ってきます。
最近はチェンバロとハープが流行っているそうですよ。
新しい生徒さんが次々と来ているので、今日も夜までぎっしり。
がんばってきます。皆さんもよい一日を!


2012/11/04

お知らせ


今月、水永門下生の発表会があります。
チェンバロがお好きな方は、ぜひお立ち寄りください。

〜Les Bergeries Ⅵ〜

 11月24日(土)13:30開演  近江楽堂(東京オペラシティ3F)入場無料